セックスで愛液を出す方法とその味や匂いを解説

セックス 愛液

愛液(あいえき)正式には膣分泌液(Vaginal discharge)は、セックス時に女性の膣内に分泌される無色透明の液体。この愛液はどのようにして分泌され、どんな味や匂いがするのか、知っているようで知らない愛液の秘密について紹介します。

愛液の正体とは

女性が性的に興奮すると膣内に分泌される液体のことを「愛液」と言い、他にも「ラブジュース」や「まん汁」という言われ方をします。ではその愛液の正体は、どういったものなのでしょうか。

そもそも愛液ってどんなもの?

愛液は女性が興奮すると膣内に貯まる、唾液に近いヌルヌル感のある、透明の液体のことを指します。この液体は普段から膣内に分泌されているのですが、セックスなどにより興奮すると、大量に分泌され、潤滑液の役割を果たします。

間違えられやすいのは、Gスポットやクリトリスを激しく刺激したときに大量に出る、おっしこのような液体ですが、これは「潮」と呼ばれ、愛液とは異なる別の分泌液なんですよ。

愛液ははどこから出るの?

バルトリン腺の図解

愛液は膣内から分泌されると思っている人が多いですが、少し違います。分泌場所はバルトリン腺と呼ばれ、膣口の少し下に左右対象に空いている、小さな穴から分泌されるのです。

分泌のされ方は、おっしこのような勢いの良い出方ではなく、汗をかくようにじんわりと滲み出できます。その量にも個人差があり、普段から多く分泌されている人もいれば、興奮していても分泌されにくい人もいます。

愛液の匂いや味は?

愛液の匂いと香りのイメージ

愛液の匂いは膣内の匂い

基本的に、愛液の成分自体に匂いはありません。しかし膣内の菌や、体調や、その人のもつ独自の臭いにより、愛液に匂いが着いているように感じることがあります。

匂いには「無臭」「酸味臭」「魚臭」「亜鉛臭」「鼻をつく刺激臭」があります。恐らく多いのは「無臭」「(薄い)酸味臭」「(薄い)亜鉛臭」で「臭い!」とは思わない程度だと思いますが、女性には生理があり、その度に経血が出ます。そのため、アソコが蒸れたり体内に潜在する菌が繁殖したりする可能性もあり、決して無臭に保てることが当たり前ではないのです。

また性病に感染していたり、スソワキガの症状を持つ女性は鼻を劈くような激臭がする場合もあります。セックスの前に綺麗に洗うことでその匂いも、若干ですが緩和することができるんですよ。

愛液の味は人や体調で変わる

愛液は体内から分泌される成分なため、個人の健康状態や食生活によって味は変わります。基本的な味は、ほぼ無味ですが、強いて言うのであれば、少し汗っぽい味と言えます。

この味も、膣内の環境が崩れていると「酸味」「苦味」が強くなります。どの味の女性が多いのか調べることは出来ませんが、膣内環境や成分から、若干酸っぱいと感じる人は多いかもしれませんね。

セックスで愛液を出す方法

セックスで愛液を出すカップルのイメージ

女性は興奮したり気持ちよくなると、膣から愛液が溢れてきますが、愛液が出ないからと言って興奮していないわけではありません。緊張して出ないときや、元々出にくい体質の人もいるんです。

逆に愛液が出やすい人は、愛液が出ているからと言って気持ちいいわけではありません。ではどのようにすれば、女性が気持ちよく愛液を出せるのでしょうか。これからその方法を紹介します。

エッチな雰囲気を作る

愛液が分泌されるために一番作用されるのが、性的による脳からの刺激です。脳が刺激されれば、女性器を触らなくても愛液が分泌されます。

逆に言えば、女性器を無理やり刺激しても、女性がエッチな気分にならないときは、愛液はあまり分泌されません。女性が気持ちよく愛液を出すためには、男性のような性欲の興奮ではなく、エッチなムードや甘いキスによる気持ちの変化が大事なのです。

雰囲気を作りやすいのはラブホテル

雰囲気を作るのって、慣れていないと難しいい。どうしていいか分からない!そんなときはラブホテルがおすすめですよ。普段の生活とはかけ離れたアダルトな雰囲気の場所へ行けば、それだけでドキドキしてしまいます。また男女にとっても脳のスイッチの入れ替えが出来て、セックスの雰囲気に浸りやすい空間なのです。

キスと愛撫は甘くスローに

女性と男性では、前戯での気持ちの高まり方が大きく違います。男性の場合はどちらかと言えば早く挿入したいと思いがち。しかし女性の場合は前戯による気持ちの高まりを大事にするんです。

それは男性に優しく抱かれたりキスをされる幸福感が、セックスにも直結しているからです。甘く溶けるようなキスや愛撫・ボディーリップを行えば、それだけで愛液が充満しますよ。

指で刺激する

女性器の周辺や、膣の中を刺激すると、快感が高まり「気持ちいい」という感覚になります。そうすると多くの愛液が溢れ出てきます。しかし刺激するといっても、急に膣内に指を突っ込んでは痛いだけです。先ずは下着の上からなぞるように触ったり、女性器の周りを撫でるようにしてから指を入れるなどの順を追いましょう。

下着の上や外側を刺激する

下着の上から触れる場合は、女性器の割れれ目部分を指で撫でるように、力はあまり入れずに触りまましょう。はじめから力を入れすぎても、下着が擦れるだけであまり気持ちよくはありません。はじめは、くすぐったいような刺激を与え、徐々に刺激を強めていくのがベストですよ。

女性期に直接触れる場合は、膣口の周りや、クリトリスを優しく触るのがべすとです。このとき、クリトリスはとても敏感な性感帯なので触れ方に注意しましょう。濡れていないのにゴシゴシと強く触られても痛いだけ。指で少し抑えたら、微妙に動かしながら刺激する程度にしましょう。

Gスポットを刺激する

優しく刺激を続けていると、徐々に膣口付近が濡れてきます。そうなれば挿入OKのサインです。

指を挿入するときは小陰唇と呼ばれる膣口の手前にあるビラビラを指で開いてから、ゆっくりと膣内に指を入れます。この時、いれるのは第一関節程度。ここでもゆっくりと、指先で膣壁を刺激してあげることで、膣の締りが緩み、指が入りやすくなります。

膣の締りが緩くなってきたかな?と感じたら、指を第二関節ほどまで挿入してみましょう。そうすると腹皮の膣壁にザラザラ・ボコボコが密集した部分があります。ここがGスポットです。Gスポットを刺激するときは、少し指の腹に力を入れて、ゆっくりとピストンさせると、気持ちいい指マン(指で刺激すること)ができます。

クンニで気持ちよくする

クンニは女性にとって最高の快感を得られる前戯なんです。気持ちよくしようと思って激しくしなくても、優しくしてくれるだけで興奮してしまいます。

クンニは見られるだけでも快感

クンニは、女性器を舐められることによる刺激だけでなく、その行為をされるという状況にも、快感を感じられる行為なんです。自分のアソコを見られるのはとても恥ずかしい…。そこを大好きな人から直視され、顔を埋めて舐めているという状況になるだけで、脳は刺激され、愛液が分泌されやすくなります。

舐めるときはクリトリスを優しく

クンニで舐めるときは、クリトリスやその周辺を舐めることが、一番刺激的を与えられる舐め方です。このとき、犬のように激しくベロベロなめるのではなく、救い上げるようにゆっくりと舐めてください。ゆっくりねっとりとした舐め方が、一番気持ちいいと感じられるのです。

白い愛液は本気汁?


男性Yさん

女性の愛液が白いときは本気汁、つまり本気で気持ちいいときと聞いたんですが本当ですか?

全然違います。興奮で色が変化するわけないじゃないですか。
愛液は「ピリジン・スクワレン・尿素・酢酸・乳酸・アルコール・グリコール・ケトン」などの成分を含んでいます。これらの成分が体液やオーラルセックスによる唾液などと混ざり、白く濁ることがありるのです。


Rabbit管理人

愛液が白くなると女性が興奮していると勘違いしている男性がいるとたまに聞きますが、愛液は普段ら分泌されていて、下り物(おりもの)と呼ばれる白く濁った液体に変化するときもあります。これは体調や膣内環境の影響によるものです。

また激しく膣内を刺激すると、液体が泡立ち白く濁ることもあります。そのため、愛液が白くなったからと言って、女性が気持ちいいとは限りませんよ。

まとめ

セックスで愛液を出す方法は難しいものではありません。ゆっくりと優しく刺激すれば、自然と体が気持ちよくなり愛液が溢れ出てきます。また愛液の出方が必ずしも快感と比例するわけではありません。気持ちよくても分泌が少ない人もいるのです。

そしてその味や匂いは、基本的には無味無臭ですが、その人の体質や体調により様々です。本当に無味無臭の人は全体の数割だと言えます。多いのはほぼ無臭で、若干の酸味や苦味のある味ではないかと思われます。

Posted by Rabbit