OLIKA ピンクディルド ラブスイングの口コミやデメリットのまとめ~Pink Dildo Love Swing

女性向けアダルトグッズの人気ブランド「OLIKA(オリカ)」が製造する、高品質の電動ディルド「Pink Dildo Love Swing(ピンクディルド ラブスイング)」。心地よい挿入感とスイングする動きに、気になる女性も多いです。

本サイトでは、購入前に知っておきたい「ピンクディルド ラブスイング」の口コミや、使ってみてわかったメリット・デメリットを紹介しています。

オリカ ピンクディルド ラブスイングの機能と特長

OLIKA Pink Dildo Love Swing(オリカ ピンクディルド ラブスイング)

OLIKA Pink Dildo Love Swing(オリカ ピンクディルド ラブスイング)

OLIKA Pink Dildo Love Swing(オリカ ピンクディルド ラブスイング)

出典:GALA

ブランドOLIKA(オリカ)
商品名Pink Dildo Love Swing(ピンクディルド ラブスイング)
機能・特徴スイング、ピストン、バイブ、全10アクション
挿入部長さ195(mm)
挿入部太さ40(mm)
防水設計完全防水(水中使用不可)
静音設計あり 音量(小)
参考価格10,780円(税込)

「OLIKA ピンクディルド ラブスイング」の色や形は、ディルド特有のリアルさやグロさが苦手な人でも手に取りやすいキュートなデザイン。丸みのある造形とピンク色のカラーリングが人気です。

素材はシリコン製で上品な質感。スイング・振動・静音などの充実した機能にも注目。

快感を求める女性や、おしゃれで高級感のある、高機能なディルドが欲しい人におすすめのディルドです。

特長1:さわり心地がとっても気持ちいい素材

OLIKA ピンクディルド ラブスイングのさわり心地

出典:dmm.co.jp

上質なシリコン製の素材は、しっとりなのにサラサラ。表面は硬さを感じない、指が吸い込まれるような上品で弾力感のある質感です。

丸みがあってスベスベのボディーは、挿入中の嫌な引っ掛かりもなく、スムーズな挿入感。そして芯には、しっかりとしたハリと硬さがあるため、快感と心地良さを同時に感じられる女性に優しい設計です。

特長2:多彩なアクションとターボ機能搭載

OLIKA ピンクディルド ラブスイングのアクションとターボ機能

出典:dmm.co.jp

電源をONにすると、スイングと振動バイブが起動。ボタンの切り替えにより、10パターンのアクションが変化します。

連続でグリグリ掻き回す動きから、強弱を繰り返す動きまで様々な動きを選べます。

また、ターボモードを使えば振動力がアップ。強力なバイブがグイーンと動き、振動だけでも強烈な快感を得られます。

特長3:完全防水(水中では使用不可)清潔

切れ目やつなぎ目が無いスマートなフォルムは、防水設計に対応。完全防水使用だから、軽い水洗いや湿気のある浴室でも使用できます。

ただし、防水力が高くても水没は厳禁。完全防水使用であっても、湯を張った浴槽の中や、シャワー中に使うと、故障する可能性があります。過度な入水・散水は避けましょう。

特長4:静音設計でとても静か

電動ディルドの大きな欠点である騒音を最小に抑えた、安心の静音設計。回転中のモーター音は、他の電動ディルドと比較しても極小音です。

夜中に布団の中でこっそり使えば、耳を澄まさない限り、同居家族に気づかれにくい音量。ただし、音が響きやすい2階フローリングや、お風呂での使用は注意してください。

こんなデメリットに注意

質感や機能が抜群の「ピンクディルド ラブスイング」ですが、デメリットに注意。吸盤の力や操作性に使いづらさがあり、口コミでも改善を望む声が上がっていました。良い商品であっても、購入前にはデメリットに目を向けましょう。

吸盤力が弱い

OLIKA ピンクディルド ラブスイングの吸盤

出典:dmm.co.jp

使ってみて一番困ったと感じたのは、吸盤力の弱さです。やや小さめの吸盤は、本体を支えるほど強くなく、壁に貼り付けて使用するとすぐにとれて落ちてしまいます。

また、床に貼り付けて使用しても、大きいピストン運動や、MAXのスイングには耐えられず、床から外れてしまいます。

吸盤で固定して楽しみたい人にはやや不向き。壁に貼り付けてバックで使用したい人にはおすすめできません。

振動とスイングの個別切り替えできない

「ピンクディルド ラブスイング」は、電源をONにすると振動とスイングが同時起動。どちらかの機能だけを使うことは不可能です。

そのためバイブだけを起動して、クリトリスオナニーすることはできません。もしもクリオナニーをするなら、スイングを抑えた突き上げるリズムで刺激すると気持ちいいですよ。

リモコンがない

「ピンクディルド ラブスイング」のボタンは、ディルドの根本にある「電源/パターン切り替え」と「ターボ」の2つ。リモコンが無いため、いずれも本体を操作しなければなりません。

そのため、挿入のタイミングやリズムを切り替えるタイミングが図りづらくてイライラ。せっかく気持ちが高まっているときに股の下でゴソゴソしていると気持ちも冷めてしまいます。

ピンクディルド ラブスイングの口コミ評価

口コミ評価

ディルド使用経験者の女性に「ピンクディルド ラブスイング」を使ってもらい、口コミと評価をしてもらいました。使って感じたリアルな「良い点」と「悪い点」をまとめました。

良い口コミ

良い口コミでは、「上品な質感」や「スイングの威力」に感動する声が聞けました。サラサラの肌触りでストレートなボディは、どの角度からでも挿入しやすく、使い勝手に優れています。

また、「強力パワーのターボ機能搭載」だから、強い快感を求める中イキ派の女性にも高い評価を得ています。

…質感や形が気持ち良かった

先端から根本まで、全体的に太い設計だから、ずっしりとした挿入感があります!肌触りもサラサラだから挿入しやすくて、ボコッとしたカリの部分もすんなり入りました。挿入中はカリのボコみと、3段のヒダヒダが擦れて快感。子機がないからいろんな角度で挿入できるし、奥の気持ちいいところに届くので、丸みのある先端を奥に押し付けて気持ちよくなっちゃいました。

…威力あって充電が長持ちする優れもの

この商品はスイングの威力が凄いです!!以前買った安物のディルドは、膣に少し力が入っただけで止まってしまい、ただのゴム棒と化しました。しかしこの商品だと、気持ちいいときにギューって力が入っても止まらず、中でウネウネと動いてくれます。それと、充電式で衰えないパワーも凄い!!乾電池だと使うたびに威力が衰えていくけど、充電式は毎回同じ威力で気持ちよくなれるし、連続で使っても体感で40分以上はもってる気がする。私のオナニーには最適な威力と可動時間です。

…夫婦円満の立役者

夫婦の営みはあれど、夫の勃起力が衰え、夜の営み後もモヤモヤムラムラしていました。はじめは一人のときに指でしていたのですが物足りず、見た目と大きさをから「OLIKAピンクディルドラブスイング」を購入。普通より少し太いサイズ感が私にはぴったりで、これまで抱えていた欲求不満を埋めてくれました。「OLIKAピンクディルドラブスイング」のおかけで他所の殿方に浮気心を抱く事もなく、正に夫婦円満の立役者となっています。

悪い口コミ

悪い口コミでは、「吸盤の弱さ」に不満を持つ声が多く見られました。ロングで重量感のあるディルドを支えるには力が弱く、壁に付けてもすぐに取れてしまうようです。

また「太すぎる」や「リモコンが欲しい」という声も少なからず出ています。サイズ感は人それぞれですが、利便性を求めるのであればリモコンは必須です。

…吸盤がゆるい

約19cmの全長と、重みのある機械が入っているのに、吸盤が小さすぎてゆるい気がする。壁はもちろんすぐ取れるし、床に貼り付けても振動MAXで使うと取れてきちゃう。吸盤の力が強ければ100点のディルドでした。

…大きすぎて痛かった

『見た目よりも挿入しやすかった』という口コミを見て購入…しかし…カリの部分が思った以上に大きくて入らない。少し拡張できれば入ると思って何度か試したけど痛くて断念。私にはもう少し小さめのディルドで修行が必要みたいです。

…リモコンが欲しい

とにかく操作がしにくい!なんでリモコンが無いの??(TT)本体の根本に付いた作動ボタンは押しにくいし、スイングの回転が挿入の邪魔をして大変。私は挿入してから押すようにしてますが、ボタンを探している間に少しテンションが下がります。開発者さん!リモコンを付けてください(TT)

気持ちいい使い方を紹介します

ストレートで持ちやすいけど、少し太いピンクディルド ラブスイングは、ゆっくり入り口をほぐして挿入すると、とっても気持ちよく使えますよ。ここからはナチュラルに快感を高める、おすすめのルーティーンを紹介します。

手順1:手に持ってクリや入り口を刺激

最大直径39mmもある中太サイズは、急に挿入すると痛いことも。はじめは外から刺激すると、ジワジワと挿入体制ができあがります。外を刺激するときは電源をONにし、クリトリスや膣口を刺激しましょう。

慣れてきたら振動させずに挿入

外の刺激で下腹部にムラムラする快感が込み上げてきたら、電源をOFFにしてゆっくり挿入します。サラサラのシリコン素材だから、愛液だけでも挿入しやすいですが、少量のローションを付けるともっと気持ちいいですよ。

気持ちよくなってきたら振動をON

電源をOFFの状態で、角度を変えながらゆっくりピストンしていると、大きなカリが膣壁に擦れて「もっと欲しい」と感じてきます。そうしたら、挿入した状態で電源をONにしてみましょう。中でウネウネ動くヘッドのスイングに、声が漏れそうな快感が込み上げてきます。

椅子や床にセットしてスイング

もっと気持ちよくオナニーしたいなら、椅子や床に貼り付けて騎乗位すると最高!羞恥心と開放感をくすぐられる激しいオナニーができます。ディルドを固定したら根本(電源部分)を持ち、挿入してから電源をONにしましょう。すると中でディルドがブルンブルンと震え出し、ペニスを腟内で揺すられるような、激しい快感が突き抜けます。

もっと欲しいときはターボ

もっと強い刺激が欲しいときは、電源横のターボボタンを押しましょう。激しい振動とスイングが加わり、すぐに絶頂できます。

返品・保証について

返品・保証

多機能なアダルトグッズには初期不良品が紛れていることがあります。「OLIKA ピンクディルド ラブスイング」も例外ではありません。

しかしOLIKAのメーカー保証は無く、非正規のネット通販で購入してしまうと、返品・交換ができないことも。購入先は信頼性のあるアダルト通販サイトがおすすめです。

本記事で紹介している「LCラブコスメ」や「DMM」「エムザッカ」では、初期不良やキズ汚れがあった商品を対象に返品交換の対応を行っています。

ただし、ユーザーの事情による返品・交換はNG。未使用であり、到着後7日〜8日以内の商品が対象です。

商品到着後は、すぐにオナニーをしないで、動作確認やキズ・汚れのチェックを行いましょう。またパッケージもキレイな状態で保存し、不具合が見つかった場合はキレイな状態で返品するとベストです。

詳しくは、購入サイトの「返品・交換の条件」を見てください。

まとめ

「OLIKA Pink Dildo Love Swing(オリカ ピンクディルド ラブスイング)」は、素材と性能に拘った電動ディルドです。ストレートで丸みのある形は、太めでも挿入しやすく、存在感のある挿入感で中を刺激します。スイングは10パターンも変化し、膣圧にも負けない回転力が魅力です。

デメリットは吸盤の弱さ。長くて重量感のあるディルドを支えるには力が足りず、壁に貼り付けても落ちてしまいます。使用時は床に貼り付けたり、持って使うと◎ですよ。

他にも本記事では、ピンクディルド ラブスイングのメリット・デメリットを紹介しています。口コミと合わせて購入の参考にしてください。

合わせて読みたい記事