女性はイクとどうなるの?オーガズムの感覚やイクための方法とは

女性 イク オーガズム

この記事では、女性が挿入で感じる「イク」感覚、すなわちオーガズムについてと、挿入でイク方法を未経験でも分かりやすく説明します。

女性がイッた時に感じる快感

女性のイクと男性のイクの大きな違いは、クリトリス・膣・ポルチオなど、感じる場所によってイク感覚が変わることです。中でも挿入によるオーガズムは時に、失神するほど気持ちよく、男性の何倍もの快楽を感じられると言われています。

しかし挿入でオーガズムを経験したことのある女性は、40%にも満たないと言う調査結果も。では挿入によるオーガズムの快感とはどのようなものなのでしょうか。

外イキで感じるオーガズム

外イキは主にクリトリスで感じるオーガズムです。外側からの優しい刺激で気持ちよくなれるため、外イキを経験したことのある女性は多いかもしれません。

ではクリトリスで感じるオーガズムはどのようなものなのでしょうか。

外イキをするための刺激はクリトリスとその周辺の刺激で導くことが出来ます。指などでクリトリス周辺を刺激していると、刺激された部分がビクビクとするような、敏感な気持ちよくてムラムラした感覚になってきます。その感覚を一定のリズムで続けていると、そのムラムラした感覚が下腹部に溢れてきて噴出しそうになります。

このときに、少し刺激のスピードを上げると、溢れた快感が一気に噴射され、力が抜けていくような気持ちいい感覚が味わえるのです。クリトリスは人によってはとても敏感で、少しの刺激でも腰がビクビクと動いてしまい、すぐにイッてしまう人もいます。

中イキで感じるオーガズム

中イキは主に膣で感じるオーガズムです。

膣でイクためには、挿入だけでなく、Gスポットと呼ばれる性感帯を刺激しなければなりません。そのため膣の刺激によるオーガーズムを経験したことのある女性は少ないと言われています。

そんな膣で感じるオーガズムはどのような快感なのでしょうか。中イキをするためには、膣口から3~5cmほど奥の膣壁(腹部側)にある、Gスポットを刺激します。

指やなどを使いゆっくりと刺激していると、膣から腹部に抜けるような下腹部全体で感じる気持ちいい感覚が溢れてきます。その刺激をゆっくりと続けていると、段々と快感が高まり「もっと強く欲しい」という思いに変わります。

そこでGスポットンの刺激をとピストンスピードを更に強めると「何か出そう」という感覚になります。この時それを我慢せずに出すと、蓄積された快感が一気に体全体に放出され、奥歯を噛むような体が仰け反る気持ちよさが全身に行き渡るのです。

奥イキで感じるオーガズム

奥イキは中イキの更に奥で感じるオーガズムです。

子宮口付近にはポルチオと呼ばれる性感帯があり、ここを刺激することで奥イキを経験することが出来ます。そんな奥イキで感じるオーガズムはどのような快感なのでしょうか。

奥イキをするには、男性器の挿入やバイブを使ったオナニーで、子宮口近くをギュ~ギュ~っと刺激します。初めは痛いような気持ちいいような感覚ですが慣れてくると内側から全身に湧き出るような快感が満ち溢れてきます。

そしてその快感が絶頂に達した時、全身がガクガクと震えるような快感が頭を突き抜けます。イッた後も頭がボ~っとなり、意識が空中に浮いて漂っているような幸せな感覚です。

セクックスで女性をイカせるには

セックスで女性をイカせるには、男性器が大きかったり、熟練したテクニックが必用なわけではありません。スローセックスという、愛と時間をかけたセックスが女性を絶頂に導く一番の近道なのです。

ここでは女性をイケせるためのスローセックスを紹介します。

オーラルセックスによる前戯

女性はイクまでに脳で感じ、エロスを開放し、体で感じるといった3つを無意識に行っています。そのうち脳で感じ、エロスを開放するといった2つが前戯の重要なポイントとなります。

挿入に入る前は首や胸などを時間をかけて優しく愛撫してあげて下さい。それからクンニによるオーラルセックスに移ります。

クンニでは舌でクリトリスをすくい上げるように優しく舐めます。そして愛液と唾液が膣口に溢れてきたら、中指を入れてGスポットを刺激します。

このとき決して激しく動かしてはいけません。ゆっくりねっとり動く舌と指で、女性は声が漏れるほどの快感を感じ、膣が指に吸い付くように締まりまはじめたら、少し力をい入れ、ピストンのスピードを上げましょう。すると、中イキのオーガズムに達します。

中と奥を刺激する挿入方法

男性器は指の様に上手に膣壁を刺激することができません。そのためGスポットよりもポルチをを狙った挿入をするのがオーガズムを与える一番の近道となります。

その挿入方法は、腰を激しく動かすピストンではなく、挿入したまま奥にグイーグイーと突き刺すような挿入がベストです。途中途中で腰を回すように動かすと父つ壁も同時に刺激されて更に気持ちよさが増します。

セックスの体位は、女性が感じやすく性器が根本まで挿入される、寝バックか両膝曲げ松葉崩しが良いです。

男性器が感じるイク時の反応

女性はイクときには、男性が射精するように目に見える反応がありません。しかし、しっかり観察していると挿入中にイク瞬間をしっかりと感じ取ることができます。

女性がイク直前は膣が締まり、子宮が舌へ降りてきます。そしてイッた時には更に膣がギュッとしまったあと、全身の力が抜ける様に緩みます。

またオーラルセックスでは少し苦い味の愛液を感じるときはイッているときです。

イケないのには理由がある

セックスでイケないという女性の多くは同じ問題を抱えています。それは女性自身がイクことに壁を作っているか、男性よがりのセックスになってしまっていることです。

女性が壁を作っていまう原因として、イキそうになるときは「何か出そう」や「意識が飛びそう」といった反応を制御しようとして壁をるくることが原因です。全てをパートナーにさらけ出すつもりで性欲を開放すると、その左記の快感を得ることができます。

また男性よがりのセックスではAVの見過ぎで必要以上に強い刺激を与えてしまったり、自分の性欲開放ばかりもとめてすぐに挿入してしまうことが原因です。女性に合わせたスローセックスを心がけましょう。

まとめ

女性が行く時に感じる快感は、気持ちいいや性欲を発散するといった快感だけでなく、愛情や幸福感を感じています。そのためセックスでイクでイクのにも、挿入前にゆっくりとした優しい愛撫やキスと、オーラルセックスは欠かせません。

また女性器への刺激も、AVで見るような激しい手マンや腰振りでなく、ゆっくりと一定のリズムで刺激を与えると、より愛情を感じイキやすくなるんですよ。

Posted by Rabbit