女性を全身リップでトロけるように感じさせるテクニック10選

パートナーとのセックスにおいて、愛情を確かめ合い、情熱的に攻めることができる前戯、「全身リップ」。上手なテクニックがあり、女性が感じやすい場合は、挿入の前に体でオーガズムを感じてしまう人もいます。

では全身リップの上手なテクニックとは、どのようにすれば良いのでしょうか。この記事では、女性を溶かすように感じさせる全身リップのテクニックを紹介します。

全身リップとは

そもそも「全身リップ」を知らないウブで可愛い人たちのために、先ずは全身リップについて紹介します。

全身リップとは、風俗で用いられるプレイの一種で、首から順に胸や腹など全身を舐めて快感を与えるプレイのことです。こう聞くと「風俗専用のプレイなの?」と思われがちですが、全くもってそんなことはありません。

全身リップはパートナー同士が愛を確かめ合う前戯としても用いられるんです。

相手が感じやすい場所をキスや舌で攻めることにより、普段のセックスよりもさらにオーラルセックスや挿入の快感が何倍にも高まるんです。また、優しくリップされることは、女性にとって「愛」や「情熱」を感じられる方法でもあります。

全身リップを受けるのは男性だけじゃない

上でも述べているように、全身リップは女性が男性に奉仕するプレイのひとつとして広まりました。しかし、全身リップをしてほしいのは男性だけではありません。

恥ずかしくて声を大にして発言できないものの、女性も全身リップをしてほしいと感じているんですよ。特に、女性の思う全身リップは、「快感」や「気持ち良さ」だけでなく「嬉しい」「愛されてる」と心の興奮を満たす行為としても、好まれているんです。

トロけるように感じさせる全身リップテク10選

全身リップの基本は首・胸・腹部・脚などに、「キス」や「舐める」ことで快感を与えます。これだけでも十分感じることができますが、そこにアクセントを加えるだけで、何倍も気持ちよく感じることができるんですよ。

ここからは、そんな気持ちいい全身リップのテクニックを10こ紹介していきます。

(1)音をたてる

全身リップではキスをしたり舐めたりしながら体にソフトな刺激を与えます。このとき相手が感じるのはその感覚だけではありません。キスをするときの舌を打つような音や、乳首を舐めるときの唾液音も快感の一部として体に刻まれるのです。

だからといってジュルジュルとバキュームのような音を立てる必要はありません。あくまでも自然に、「なんかエッチ♡」と感じることができる自然な音にしましょう。

(2)恋人繋ぎしながら

女性を全身リップで攻めるのであれば、恋人繋ぎはとてもウケがいいです。全身リップをされているときはとても気持ちいいのですが、余った両手は手持ちぶたさ。どこに置いていいものか悩んでしまいます。

そんなとき、全身リップをされながら片手を恋人繋ぎされると、胸がキュンとしてしまいます。また「繋がってる」という感覚が心を満たして、更に深い快感の中へ入り込むことができるんです。

(3)耳たぶを甘噛みする

耳に蚊が飛んで来て、全身がゾクゾクとした経験はありませんか?耳は沢山の音や感覚を体に伝える機関です。だから、耳を舐めれたり、耳元で囁かれると、くすぐったいような、気持ちいような感覚に襲われみたい。

そして、耳たぶを甘噛みされるのも全身リップの攻め方のひとつ。

耳たぶは首元に一番近い耳の部位です。耳たぶを噛むことで耳と首2か所の神経が刺激され、じっとしていられないくらい激しい快感を感じることができます。

(4)乳首を舐めないで焦らす

乳首オナニー(チクニー)と呼ばれる言葉があるくらい、乳首は快感を感じやすい性感帯のひとつです。もちろん乳首を舐めれるのは気持ちいいんですが、舐められないことでもっと気持ちよくすることができるんです。

肝心なのは「焦らす」こと。

乳首を直接舐めず、その周辺を舐められると、それだけでも気持ちいい。でも「もっと直接舐めてほしい」という寸止め状態。

この寸止め状態で「焦らして、焦らして、焦らす」と、体と脳は快感を求めて止まなくなるんです。そのタイミングを見計らって乳首を舐めれば、興奮と共に、最高の快感を感じることができるんです。

(5)乳首を口に含んでクチュクチュする

乳首を舐めるときに、少し工夫をすると「音」と「快感」のダブル攻めで感じさせることができます。その方法は、口に唾液を軽く含んで乳首をクチュクチュと舐めるだけ。

口の中でドロドロとした液体と一緒に、舌でニュルニュルと刺激される乳首は、最高に気持ちいい舐め方です。また、舐められるたびに聞こえる「クチュクチュ」というイヤらしい音は、性的興奮と共に快感を倍増させます。

(6)腕を上げて脇腹にキスをする

全身リップをされるとき、ほとんどの場合は腕は降ろされた状態。実は「腕を上げる」たったこれだけで、もっと感じることができるんですよ。

人間の体と心は無意識下で連動しています。体を縮めると心も内向きに、逆に広げると開放的になります。

セックスでも一緒。手を上げることで心が解放され、感じる体制を広げることができます。さらに、腕を上げることで無防備になった横腹は、快感を感じ取る神経が集中している場所。

横腹にキスをしたり、腰上から脇下の間をすくい上げようになめれば、思わず声が漏れるほど快感を感じます。

(7)太ももの内側を舐める

全身リップで首元から徐々に降りてきて、太ももの内側を舐めれれるときは興奮のピーク!いよいよ「クンニされる?」と思いながら、舐められてる内ももは、クンニに負けないほどの快感。

アソコに口が近づくにつれ、興奮は高まり、膣内は愛液でいっぱいになります。

(8)背中を舐める

背中を愛撫したり、リップするときは、寝バックがおすすめ。ただでさえ、おちんちんが奥まで入りイキそうになる寝バックは、背中のリップで弾けるほど気持ちよくなります。

背後から首元や肩を舐められながら突かれるセックスは、頭が真っ白になってしまいますよ。

(9)手マンをしながら全身リップする

女性と直角の状態になり、手マンをしながらの全身リップは、まるで尽くされる女王様の気分。首から内ももまでをしっかりリップされつつ、膣は指で掻きまわされる。

この快感と幸福感に勝るものは無いかもしれません。

とくに乳首を集中的に舐められながら、ゆっくりとしたストロークで手マンされると、乳首の快感と手マンの快感でオーガズムまで達することができますよ。

(10)目隠しをする

いつどこを舐められるか分からない目隠し全身リップは、パートナーとのスキンシップにもおすすめ。日頃のセックスがマンネリしてしまったとき試してみて下さい。

目隠しをすることで、全神経が研ぎ澄まされ、リップされる快感が何倍にも気持ちよくなります。

おすすめは手を背中で縛って、ソファーに座らせて行う目隠し全身リップ。恥ずかしい格好を見られている羞恥心と、どこが舐められるか分からないドキドキと、目隠しされた暗闇の中で研ぎ澄まされる感覚が入り混じり、興奮と快感でいっぱいになってしまいます。

まとめ

女の子は全身リップしてほしくても言うことができません。男性が進んでしてあげることで、気持ちいいという快感だけでなく、男性からの情熱を感じることもできるんですよ。

普段胸しか舐めていないのであれば、先ずは首からでも、初めてみることをおすすめします。

Posted by Rabbit