【女子必見】初めてのセックスで傷つかないための8つの知識

女性にとって初めてのセックスは人生を賭けた大一番。大好きな人との一夜は、何があっても失敗したくないもの。この記事では、沢山の女性が経験したアルアル体験談から、初めてのセックスで傷つかなくてもいい前知識を紹介します。

バージンは恥ずかしいもの?

女性がバージンを卒業するのは、10代20代とは限りません。30代や40代でも初体験を経験する人は沢山いるんです。

パートナーの男性からしてみれば、相手がいくつであろうと、自分が初めての相手になるのは嬉しいこと。行為に入るときは、恥をかくなんて思わずに、「初めてだから緊張する」「よくわからない」と、パートナーに伝えてあげましょう。

セックスの前にしておくべきこと

パートナーと付き合い出してから、2度目以降のデートをするときは、普段から何があってもいいように、事前に準備しておくことが大事です。

それは特に難しいことではなく、普段の生活で気を付けること。これから紹介する3つことに注意しておくだけで、イザというときに焦ることがありませんよ。

(1)ムダ毛の処理は忘れずに

脇、胸、下腹部は、男性が愛撫するときに、とても顔が近づく場所です。とくに胸や下腹部のムダ毛には目がいきがち。

胸や腹から毛が飛び出ていると、男性は引いてしまうことも…。そんなことの無いように、腋毛の処理だけでなく、胸(乳首)やお腹のムダ毛も処理を忘れないようにしましょう。

(2)アソコは綺麗に洗っておこう

女性のアソコは、男性器のように見えやすくないやめ、汚れやおりものが付着していても気付きにくいんです。特にトイレットペーパーのカスは付着しやすく、セックス中に目撃してドン引きしてしまう男性は少なくありません。

アソコは綺麗に洗うように心がけ、もしもの時のために、バッグの中に流せるウェットティッシュを常備しておくのも一つの手ですよ。

(3)勝負下着は派手じゃなくて綺麗を

パートナーとの初めてのセックスは、バージンじゃなくても張り切って、勝負下着を付ける女性は多いです。だからといって、派手すぎたり、セクシーすぎる下着はNG!

「そんなに狙ってたの!?」と勘繰られてしまいますよ。

男性が好きな下着はシンプルで綺麗な下着。勝負下着は”綺麗”を重視しましょう。

初セックスでよくあるトラブル

ここからは、実際にエッチを経験した女性達の体験談から、よくあるトラブルをまとめてみました。これから紹介する5つのトラブルは、経験者であればなんてことない当たり前のこと。

でも、セックスの経験や知識が浅い女性にとっては冷や汗もの…。事前に知っておくことで、無駄に恥ずかしい思いをしなくても済みますよ。

(4)初めての挿入は痛い

これはよく知られている話ですが、初体験はだいたいみんな失敗します。それは、おちんちんの挿入があまりにも痛すぎるから。

女性の膣口や膣内は、元からおちんちんが入るように、大きく広がる構造にはできていません。親指よりも太いおちんちんが入るときは膣口も膣内も拡張されて痛いもの。

また初めての女性は、処女膜が破れて血が出ることもあります。これは決して特別なことではないので、焦らずにティッシュで軽く拭き取るようにしましょう。

また「血出たけど続ける?」「私は大丈夫だよ」とパートナーに声をかけてあげると、相手も安心して続けることができますよ。

(5)処女膜は無いときもある

「処女には必ず処女膜がある」なんていう考えは間違いです。処女膜は、膣口の周りにできた粘膜のヒダであり、鼓膜のような幕があるわけではありません。

そのため、スポーツしている女性や、過去に何かの衝撃で幕が切れてしまう女性もいます。処女膜が無いから「処女じゃない?」なんていう男性がいれば、逆に注意してあげましょう!

(6)アソコからオナラが出ることがある

アソコからオナラが出ることって、エッチをしているときによーくあるんです。おちんちんを抜いた瞬間に、アソコから空気が漏れ、ブバッという音が…。

実際は、何回経験しても少し恥ずかしい気はするんですが、真空状態が解放されて漏れる空気の音なので、本来は恥ずかしがるようなことでは、一切ありません。椅子を引いて出る音と一緒のようなものです。

もしもアソコから音が出ても、気にしないようにしましょう。

(7)声は無理して出さなくてもいい

セックスの初体験は、気持ちいいよりも「どうしよう」とばかり考えることが大半。挿入されているときも「どんな顔しよう」「声は出したほうがいいのかな」なんて考えてしまいます。

とくに喘ぎ声のボリュームなんて、分かるはずもありませんよね。

ベストな喘ぎ声は「ぁんっ」「んんっ」というような、我慢してるけど声が漏れちゃうと言いたげな”小さな声”。大きな声はびっくりしたり、周囲を気にしてしまいますし、聞こえないほど小さな声は「感じていないのかな?」と思わせてしまうんですよ。

(8)フェラチオは下手でもするべき

男性のおちんちんを咥えて刺激する「フェラチオ」は、女性から率先して「する!」なんてなかなか言えませんよね。しかし、下手でも、フェラチオをされるのは、男性にはとても嬉しいこと。

フェラチオのタイミングに困ったときは「次は私がしようか?」や「男はしてほしいいと思うんじゃないの?」などの質問で相手に投げかけてみるといいですよ。

まとめ

初めてのセックスでは、ちょっとした失敗でも「人生終わった」と思うことが多々あります。それが、好きで好きでたまらない彼であれば尚更ですよね。

しかし、あなたのする失敗は、意外にも沢山の女性が経験していたりするんです。恥ずかしがったり怖がらずに、そのときのセックスをしっかり感じて、全てが良い思い出になるといいですね。

Posted by Rabbit