手マンって何?どうやるの?気持ちいい手マンの方法

手マン

セックスの前戯に必要不可欠な手マン。女性を気持ちよくさせるだけではなく、セックスの前に膣内を濡らし、ピストンの滑りを良くする役割を果たします。しかし手マンのやり方を間違えている男性も多く、女性にとっては苦痛になってしまうことも。この記事では、手マンの基礎知識から、本当に気持ちいい手マンの方法まで、紹介していきます。

手マンって何?どうやるの?

手マンとは、女性の膣内に指を挿入し、刺激することで、女性を気持ちよくさせる行為のことです。ではその手マンはどのようにするのでしょうか。手マンの手順と合わせて紹介します。

クリトリスの周辺を掌で摩る

手マンするときは、いきなり指を挿入してはいけません。急に挿入すると、挿入部が濡れておらず、指と膣が擦れて痛いときも。

挿入する前にはまず、膣の周辺をしっかりと愛撫して、膣内に愛液が溢れるようにしましょう。膣周辺を愛撫するときは、クリトリスを指でなぞるように触れたり、クリトリスとその周辺を掌で円を描くように触ると気持ちいいですよ。

膣内の入り口付近をゆっくり刺激

膣の周辺を十分に愛撫したら、いよいよ指を挿入していきます。しかし、いきなり奥まで挿入するよりも、指の先(第一関節)辺りまでを挿入するのがGOOD。

指先で焦らすように膣の入り口を攻めれば、中から愛液が溢れ出し、女性も入れてほしくてたまらなっくなってきます。

Gスポットを指腹で刺激

Gスポットは、女性が最高の快感を感じられる性感帯の一つです。Gスポットを攻めるときは指を第二関節ほどまで膣内に挿入します。

すると膣壁の腹部側にザラザラとした部分が広がっています。ここがGスポットです。Gスポットを攻めるときは、指の腹で優しくゆっくりと上下させて下さい。

刺激されている女性は、ぼや~っとした気持ちいい感覚がはじめに感じられます。そして次第にその感覚が蓄積されていき、何かが出そうに。このとき膣はきゅ~っと締まります。

膣が締まってきたらイク合図です。ピストンのスピードと、Gスポットを押す力を若干強めてください。30秒ほど攻めると、イクことができ、ガクガクと体を震わせる仕草をしますよ。

手マンするときの注意点

手マンをするときは、決して激しく手を動かさないでください。女性はAVのように激しい手マンで潮吹きをするというイメージを持っている男性を見かけます。激しい手マンで潮吹きができるのは、鍛えられたプロの女優さんだから。慣れていない女性は指2本入れただけでも痛いときがあるんですよ。

他にも以下のようなことには十分注意して、女の子の体を大事にしてあげてください。

  1. 手を洗い清潔に
  2. 爪を短く切る
  3. 陰部をよく濡らす
  4. 激しく手を動かさない

まとめ

手マンは激しければ良いものではありません。むしろ優しく順を追って膣内に挿入することで、愛液に満たされた気持ちいい手マンをすることができるんですよ。

手マンをするときは、膣の外側からしっかり刺激してあげ、快感を与えてあげましょう。

Posted by Rabbit